【丹一@長瀞】鮎に川魚を堪能・岩畳観光におすすめの食事処

丹一の名物「あゆめし」@長瀞

埼玉県秩父郡に属する「長瀞(ながとろ)」は、岩畳が広がる長瀞渓谷が人気の観光地。そんな長瀞の郷土料理は鮎をはじめとした川魚料理です。

ということで、長瀞観光におすすめの食事処「丹一」で味わえる鮎料理・川魚料理をレビューしていきます!
( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )


長瀞観光におすすめの丹一

長瀞の岩畳と鮎

長瀞の岩畳@埼玉観光 長瀞渓谷の岩畳

長瀞渓谷は荒川の上流に位置しており、国の天然記念物に指定されています。

結晶片岩(けっしょうへんがん)による岩畳が広がる渓谷は地質学的に重要な地であると同時に、秩父地方の観光スポットのひとつとなっています。

「鮎の塩焼き」img by photo AC

そんな長瀞観光でのグルメと言えば、綺麗な水流がある地ならではの鮎をはじめとした川魚料理、お蕎麦、かき氷など。

岩畳へ続く岩畳通りでは道端で鮎の塩焼きなんかも焼いています。

そして今回ご紹介する丹一さんは、観光スポットの岩畳のすぐ目の前にあり、鮎料理も川魚料理もかき氷も味わえるお店で、長瀞観光の際に立ち寄るのにおすすめの一店です。

なんでも食べ太郎

注意!

  • 食べログではお蕎麦の口コミもありますが、私が訪れた時はメニューにお蕎麦はありませんでした。

長瀞観光での丹一の行き方

長瀞駅・秩父鉄道 長瀞駅
「岩畳通り」img by Google Earth

秩父鉄道の「長瀞駅」の改札を抜け駅舎から出ると、左手側に岩畳へ続く道があります。その道に出て踏切りを渡るとすぐに岩畳通りに出ます。

この岩畳通りを真っすぐ進むと観光スポットである岩畳へ出ます。

なんでも食べ太郎

Point!

  • 西武秩父駅から向かう際は、「御花畑駅」(西武秩父駅から徒歩7分)から秩父鉄道に乗車し、7駅目の「長瀞駅」で下車(乗車料金480円)。
丹一のテラス席@長瀞 丹一のテラス席

そして岩畳通りから岩畳へと降りていく階段のすぐ手前右手側に、今回ご紹介する丹一があります。

この丹一は、隣にある秩父館が運営する食事処で、秩父館は創業100年の老舗宿屋。

お店にはテラス席もあり、緑に囲まれた涼しげな席でお食事ができます。

なんでも食べ太郎

Point!

  • テラス席はワンちゃん同伴OK
  • お隣りの秩父館はワンちゃんOKの部屋も有り

創業百年の宿「秩父館」
「丹一」は「秩父館」が営業する食事処で隣り合わせた場所にあります。この秩父館の創業は明治35年。長瀞で最も古く由緒ある宿屋で、ペット同伴OKのお部屋もあります(小型犬のみ)。

長瀞観光で丹一の鮎料理を堪能

苦味がたまらん鮎の肝うるか

「うるか」丹一@長瀞 「鮎の肝うるか」660円

丹一の名物である「あゆめし」が来るまでの間に、とりあえず一杯。

ということで、うるかをオーダー。酒飲みにはたまらん逸品ですね。
( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )ウホ~

「瓶ビール」丹一@長瀞 「瓶ビール」715円
うるかと胡瓜 胡瓜で

だいぶ暑い日だったので、まずは冷えたビールで。

鮎の肝の苦味とコクが混然一体となったまったりとした旨みに、お酒がすすみます♪
(●´∀`)ノc□ウマ~

なんでも食べ太郎

Point!

  • 「うるか」は「鮎の塩辛」です。
  • 肝のみで作るもの、鮎の身を混ぜたものなどがあります。

「丹一」の「あゆめし」

丹一の名物「あゆめし」@長瀞 「あゆめし」2,200円×2人前

そして待つこと暫し・・・

鉄鍋に入ってやって参りました!
丹一名物の「あゆめし」!!
ヾ(≧∀≦)ノ

なんでも食べ太郎

Point!

  • 1人前は中サイズの鮎が2尾。
  • 画像のものは2人前で鮎が4尾となっています。
「あゆめしのセット」丹一@長瀞 あゆめしのセット
「稚鮎の揚げ浸し」丹一@長瀞 稚鮎の揚げ浸し

こちらのお盆は、あゆめしのセット内容になります。
おかずには稚鮎と茄子の揚げ浸し

「きのこのおすまし」丹一@長瀞 きのこのおすまし
「お新香」丹一@長瀞 お新香

それから、きのこのおすまし、お新香がセットとなっています。

「あゆめし」丹一@長瀞 あゆめしセット

鉄鍋の中の鮎をしゃもじでガツガツと崩し、ご飯に混ぜ込んでお茶碗に盛ったら「あゆめし」セットの完成です~♪
(⌒¬⌒*)イタダキマス

鮎の旨味が詰まったあゆめし

「身を混ぜ込んだあゆめし」丹一@長瀞 身を混ぜ込んだあゆめし

鮎の出汁で炊き込んであるご飯に、たっぷりの長ネギ、そしてホクホクの鮎。
頭も骨も丸ごと味わいます!

「あゆめし」丹一@長瀞

鮎の身の旨味はもちろん、皮も美味しいです!
。≠( ̄~ ̄ )モグモグ

なんでも食べ太郎

Point!

  • 骨が気になる方やお子様なんかは、頭・尾・ヒレ・骨を外してから混ぜ込むと良いでしょう。
あゆめしのセットの稚鮎の揚げ浸し 稚鮎
あゆめしのセットの茄子の揚げ浸し 茄子

揚げ浸しの稚鮎も、もちろん丸ごといただきます。

おこげも残さず楽しむ

あゆめしのおこげをこそぐスプーン おこげ用スプーン
あゆめしのおこげ おこげ

セットのお盆には「スプーン」も付いています。

このスプーンで、鉄鍋の底についたおこげをこそげ落とし、おこげも残さず味わいます。

あゆめしのおこげをお茶漬け風にアレンジ あゆめしのおこげをお茶漬け風に

おすましを1/3ほど残しておき、茶漬け風にしても良いですね♪
中華のおこげの餡かけ的な感じに。

商標登録の「あゆめし」
メニューのあゆめしには、商標登録と記載されていましたので、特許情報を調べてみたところ「あゆめし\§秩父館」として2007年に登録されていました。


丹一で川魚を色々楽しんでみる

カジカを使ったお酒でほろ酔い

「鰍酒」丹一@長瀞 「鰍酒」935円

こちらは淡水魚である「鰍(かじか)」を使ったお酒です。

鮎の「ひれ酒」や「骨酒」もあったので迷いましたが、せっかくなので珍しい方を頼んでみました。

鰍の出汁が出ている熱燗

暑い日に呑む熱燗もまた良いですね(汗。
(;´▽`A“

こんがり焼いた鰍が入った酒 鰍の様子
鰍酒のこんがり焼いた鰍 炙った鰍

フグのひれ酒なんかと同様に、こんがりと炙った鰍に熱燗を注いだものです。

この後に泊りだったら、鮎のひれ酒と骨酒も呑みたかったですねえ~。
(¯﹃¯*)

鰍(かじか)
スズキ目カジカ科のお魚。日本各地の河川や湖に生息する淡水魚。同じスズキ目のハゼと似た大きな口と厚い唇で、ハゼと共にドンコとも呼ばれます。またゴリとも呼ばれ、金沢の郷土料理であるゴリ料理に欠かせない食材でもあります。

川魚料理で鮎と山女魚を味わう

「鮎の塩焼き」丹一@長瀞 「鮎の塩焼き」825円

あゆめしで、鮎は味わいましたが、
やはり塩焼きは食べたい!ということで、別途で鮎の塩焼きもオーダー。

こちらは1人前で中サイズの鮎が2尾なので、2人で分けて1尾ずつ食べるにも丁度良いですね。

中型サイズの鮎の塩焼き

ほど良い塩味で焼かれたふっくら柔らかな身に、パリッとした皮目、そしてほろ苦な肝。鮎を堪能するのに塩焼きはテッパンですね!
Σd(・ω・´)グッ!!

お魚好きな方なら是非とも、あゆめしとは別で塩焼きもオーダーされると良いかと思います。

「ヤマメの長瀞桜燻製」丹一@長瀞 「ヤマメの長瀞桜燻製」935円

続いては山女魚をオーダー。
燻製ということで、艶やかな琥珀色になった山女魚。

香り高いヤマメの身 燻製された身
燻製されたヤマメの皮 パリッとした皮

しっとりジューシーで旨味が凝縮された身、薫香の乗った皮も美味しい♪
。≠( ̄~ ̄ )ウマシ

山女魚とは?
山女魚(やまめ)とサクラマスは幼魚の時期は同じ生態で、海へと下り回遊して成熟し川へと戻ってくる「降海型」と、淡水で一生を過ごす「河川型」の2つのタイプに分かれます。この内、海へ下る降海型がサクラマス、河川に残る河川型がヤマメと呼ばれます。またサクラマスの体色はスモルト化(銀色になる)するのに対し、ヤマメは幼魚紋(体側にある文様)を残したまま成熟します。

長瀞観光にて丹一でまったり

丹一の店内の様子

丹一のテラス席@長瀞 岩畳通りに面したテラス席

最初にご紹介したテラス席は奥まった小径に面したテラス席で、こちらの画像は岩畳通りに面したテラス席です。

丹一に飾られた鳩山邦夫氏の書 店内に飾られた書

店内には「雲白鮎香」としたためられた書が飾られています。
よく見ると故鳩山邦夫先生から丹一のご主人に贈られたもののようです。さすが創業100年の伝統。鳩山邦夫先生も来られていたのですね。
(σロ-ロ)ホホウ…

鳩山邦夫
数々の大臣を歴任した政治家。民主党が圧勝した時に誕生した第93代内閣総理大臣鳩山由紀夫氏の実弟。かの宮崎勤死刑囚の死刑執行を命じた法務大臣としても知られる。2016年に十二指腸潰瘍で死去。享年67歳。

丹一の店内席@長瀞 丹一のテーブル席
丹一の店内にあったツバメの巣 会計所のツバメの巣

テラス席も良いですが、店内も風情ある感じで、広々ゆったりしています。また、お店の入り口の梁の上にはツバメの巣とツバメのお子ちゃんたちがいました。
( ⑉¯ ꇴ ¯⑉ )カワユス

なんでも食べ太郎

Point!

  • 岩畳通りでは、あちこちの店の軒先にツバメの巣があり、ツバメたちが商店街を飛び交う様子が各所で見られました。

テラス席でまったりかき氷

「かき氷 桃」丹一@長瀞 「かき氷 桃」770円

一通り、川魚を堪能したので、ここらで〆のかき氷をオーダー。

丹一のかき氷 緑に囲まれたテラス席で食べるかき氷

お店に入るまでに、暑さと疲れでグッタリしていましたが、この緑に囲まれたテラス席で川魚料理を味わい、最後にかき氷で、まったりとした時間を過ごさせて頂き、家まで帰る気力が湧いてきました。

丹一様、ご馳走様でした~♪
<(_ _)>

まとめ

創業100年の伝統とあゆめし

丹一の名物「あゆめし」@長瀞

今回は、長瀞の岩畳観光の際に便利な食事処「丹一」をご紹介しました。

創業100年の宿屋「秩父館」が運営しており、その風情が感じられる落ち着いた雰囲気で、特にテラス席は涼しげな緑に囲まれ、心地良い時間が過ごせます。

名物の「あゆめし」はもちろん、色々な鮎料理、川魚料理も味わえるので、長瀞観光の際には是非お立ち寄りしてみてはいかがでしょうか。
(*´∀`*)

なんでも食べ太郎

まとめのPoint!

  • 創業100年の秩父館が運営
  • テラス席はワンちゃん同伴OK
  • 「あゆめし」が名物
  • 鮎・川魚・かき氷が楽しめる

お店の詳細情報

店舗情報
丹一

(たんいち)
ジャンル:川魚・郷土料理
最寄駅:「長瀞駅」秩父鉄道

丹一のテラス席@長瀞
「あゆめし」丹一@長瀞
住所埼玉県秩父郡長瀞町長瀞460-1
電話番号0494-66-0092
営業時間10:00~16:30
定休日不定休
備考予約不可
テラス席はペット可
公式HPhttp://www.chichibu-kan.co.jp/
食べログhttps://tabelog.com/saitama/A1107/A110704/11002135/
メニュー

お店の地図