彩り鮮やかな稚貝と菜の花の炊き込みご飯

【帆立稚貝と菜の花の炊き込みご飯】
旨味出汁が利いた晩ごはんレシピ

帆立稚貝と菜の花の炊き込みご飯

殻付きの小さな帆立「帆立稚貝」を使った炊き込みご飯は、米が帆立の旨味をたっぷりと含んだ贅沢な味わい。今回は帆立稚貝の旬と重なる菜の花を合わせて彩り鮮やかな炊き込みご飯にしました。
٩(๑ˆOˆ๑)۶

炊き込みご飯を作ると失敗するなんて方も、ポイントさえ押さえておけば美味しく作ることができます。そのコツやポイントを画像を交えながら、分かりやすく解説。
殻付きのものではなく、剥き身で販売されているベビーホタテで作ってもOKです。

【目次】稚貝と菜の花の炊き込みご飯レシピ

調理時間:約35分

1.用意する食材(2~3人前)

 帆立稚貝と菜の花の炊き込みご飯の材料

剥き身にした帆立稚貝(ベビーホタテ)
< 2~3人前の材料 >
・帆立稚貝(剥き身)90g
・菜の花40g
・帆立稚貝のだし汁300ml
・出汁用昆布1片
・醤油大さじ1
・料理酒小さじ1
・みりん小さじ1
< 下ごしらえ用 >
・水適量
・醤油小さじ1/2
・塩小さじ1
  • 帆立の旨味を引き立たせるために醤油を少なめにしています。
  • 濃い目の味付けが好きな方は醤油を「大さじ2」にすると良いでしょう。
  • 殻付き帆立稚貝を下処理した際の茹で汁を使います。
  • 帆立稚貝の茹で汁が無い場合は、うま味調味料を小さじ1~2入れて下さい。

2.はじめの下準備(15分)

 米を水に浸しておく

1.【米を水に浸す】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯用の米を水に浸す

まず米を研いだら、たっぷりの水に浸しておきます。水の量は関係ないのでたっぷり使いましょう。

2.【米の水を切る】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯用の米の水を切る

30分~1時間(表記時間外)ほど米を水に浸したら、ザルに上げて米の水をしっかりと切ります。

  • いきなり出し汁で米を炊くと米に水分が吸収されにくくなり、芯が残ったり失敗の原因となります。
  • まず米に水分をたっぷりと含ませることで、ご飯がふっくらと仕上がります。

(σ* ゚ー゚)σ
※購入したベビーホタテや、既に帆立稚貝の下処理を済ませた剥き身の用意がある方は 下の項目へGo!

 帆立稚貝の下処理をする

3.【帆立稚貝を洗う】
帆立稚貝(ベビーホタテ)を洗う

米を水に浸している間に、帆立稚貝の下処理をします。まずタワシを使い殻を洗います。

4.【帆立稚貝を茹でる】
帆立稚貝(ベビーホタテ)を茹でる

殻を洗った帆立稚貝を水から茹でます。

  • タワシで洗う理由や表面の白いウネウネを除去する方法は こちらの頁 へ。
  • 帆立稚貝を水から茹でることで旨味がある出し汁がとれます。詳細は こちらの頁 へ。
  • 茹で汁は使うので捨てないでください。
5.【剥き身にする】
帆立稚貝(ベビーホタテ)のウロの処理

稚貝の口が開いたら殻から身を取り外し、更にウロ(中腸腺)も取り除きます。

6.【剥き身を洗う】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の剥き身を洗う

ウロを取り除いた稚貝の剥き身を流水で洗い、キッチンペーパーなどで水気を取ります。

  • 帆立稚貝の黒い部分が貝毒が溜まるウロ(中腸腺)です。貝毒に関しての詳細は こちらの頁 へ。
  • 海の魚介類に付いている腸炎ビブリオは真水に弱い性質があります。

3.ごはんを炊いていく(20分)

 帆立稚貝の出し汁でご飯を炊く

7.【茹で汁を利用】
帆立稚貝(ベビーホタテ)を茹でた茹で汁

しっかりと水を切ったお米2合に対して、帆立稚貝の茹で汁を300ml使います。

8.【調味料を加える】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯に合わせる調味料

醤油大さじ1、みりん小さじ1、料理酒小さじ1を加えます。

  • 茹で汁の旨味が薄いと感じたら、うま味調味料をプラスしてください。
  • 茹で汁の用意が無い場合は、うま味調味料を小さじ1~2加えてください。
  • 醤油を少なめにしていますので、お好みで「大さじ2」にしてください。
9.【昆布をプラス】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みごはんに入れる昆布

炊飯器に出汁用昆布を1片入れます。

10.【帆立稚貝を入れる】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯を炊く

最後に剥き身にした帆立稚貝を入れて米を炊きます。

  • 帆立の旨味に昆布の旨味をプラスします。

 菜の花を用意しておく

11.【菜の花を湯がく】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯に合わせる菜の花を茹でる

鍋にお湯を沸かし、小さじ1程度の塩を加えて流水で洗った葉の花を湯がきます。

12.【冷水にとる】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯に合わせる菜の花を冷やす

1分~1分半ほど湯がいたら、菜の花を冷水にとります。

  • 菜の花を茹で過ぎると食感が悪くなるのでご注意ください。
  • 菜の花を冷水にとることで予熱による加熱を防ぎ、更に色もキレイに出ます。
13.【醤油洗いする】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯に合わせる菜の花を醤油洗い

菜の花の熱が取れたら、よく絞り、小さじ1/2の醤油で和えます。

14.【菜の花を切る】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯に合わせる菜の花を切る

醤油洗いした菜の花を再び絞って、2~3cmほどにざく切りします。

  • 醤油洗いをすることで下味を付け、菜の花から余分な水分も出て身が締まります。

4.炊き込みご飯の仕上げ

 炊き込みご飯に菜の花を加える

15.【昆布を取る】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯

ごはんが炊きあがったら昆布を取り出します。

16.【葉の花を混ぜる】
帆立稚貝(ベビーホタテ)の炊き込みご飯に菜の花を混ぜる

炊き上がったごはんに菜の花を加えてざっくりと混ぜ合わせます。

  • 炊飯器が小さい場合は、ボールやおひつに移して混ぜると混ぜやすいです。

 帆立稚貝と菜の花の炊き込みご飯の完成

帆立稚貝(ベビーホタテ)と菜の花の炊き込みご飯 画像:「 帆立稚貝と菜の花の炊き込みご飯 」

器に彩りよくよそったら、冬から春が旬の殻付きの小さな帆立稚貝、そして同じく冬から春が旬の菜の花で、見た目もきれいな「帆立稚貝と菜の花の炊き込みご飯」の完成です!
ヾ(≧∀≦)ノ

5.炊き込みご飯を実食する

 帆立の旨味がたっぷりの炊き込みご飯

帆立稚貝(ベビーホタテ)と菜の花の炊き込みご飯 画像:「 帆立稚貝と菜の花の炊き込みご飯 」

季節を感じる帆立の稚貝と菜の花の炊き込みご飯。どちらの食材も12月頃から出回りますから、作る時期によっては冬本番真っ最中ですが、その装いはどこか春の訪れを予感させる暖かさがありますよね。

ということで、帆立稚貝と菜の花の炊き込みご飯を実食していきます!
(。-ω-)ノ

帆立稚貝(ベビーホタテ)と菜の花の炊き込みご飯
帆立稚貝(ベビーホタテ)菜の花の炊き込みご飯
画像:「 稚貝の旨味がおいしい炊き込みご飯 」

帆立稚貝の茹で汁を活用したご飯は、帆立の旨味をたっぷりと含んでいます♪
また、その味を前面に出すために醤油を少なめに使っているので、よりその旨味を感じることができます。

菜の花も見た目の鮮やかさの演出だけではなく、そのほろ苦さが帆立稚貝の美味しさを引き立てており、ザクザクした歯ごたえが心地よいですね。
。≠( ̄~ ̄ ) モグモグ

 万が一失敗してしまった場合は…

もしも万が一、炊き込みご飯に失敗してしまったという場合は、ガッカリしてしまうのは当然です。
しかしせっかくここまで作ったのですから、リメイクして美味しく頂きましょう!

米に芯が残って固い仕上がりになってしまった場合も、逆にべちゃべちゃに柔らかくなってしまった場合も、一番オススメなのは「雑炊」です。

たっぷりの出汁に炊き込みご飯を入れて、芯が残っているなら米を潰す感じでかき混ぜながら、しばらく煮込みましょう。その際に菜の花は最後に入れてください。また、仕上げに溶き卵7を入れても良いでしょう。
(-ω☆) キラリ

茹で汁を活用した帆立稚貝の炊き込みご飯

帆立稚貝(ベビーホタテ)と菜の花の炊き込みご飯

帆立稚貝の下処理の際の茹で汁を活用することで、旨味抜群の美味しさになる炊き込みご飯。特別な材料なども使わず、使う食材も少ないのでとっても簡単にできます。

みなさんのご家庭の今晩の晩ごはんにいかがですか?
ヽ(*゜∀゜*)ノ

帆立稚貝(ベビーホタテ)のレシピ集

この他にも、おかずや酒肴などなど、帆立稚貝を使ったレシピを後悔していますので、こちらも併せてご参考にしてみてください。
帆立稚貝(ベビーホタテ)レシピ集