美味しい食材を真心込めて作っている日本全国の生産者の方たち。世界中にあるいまだ知らない絶品グルメ、至高の食材。旨いものを食べれば人は誰しも笑顔になる。食で楽しく豊かに、あなたに贈る口福な人生。

めかぶ

自家製の瓶詰めを作るための下準備

自宅で作る瓶詰めというとポピュラーなのはジャムですよね。しかし、ジャム以外にも色々なものを瓶詰にすることはできます。 例えば、季節ごとに出回る旬の食材などを瓶詰めしておけば長期保存もOK! 1年中いつでも好きな時に季節の食材を楽しむことができます。

自家製の瓶詰め

また、スーパーなどで袋詰や瓶詰め、缶詰のものを買うよりも、自分で食材から準備することで安く仕上げることができます。更には自分で作っているので、変な薬品などを使っていないという安心感もありますよね。

ということで、自家製の瓶詰めを作るための、まずは下準備の方法をご紹介していきます。それぞれの瓶詰めなどは別途ご紹介していますので、下準備後の詳細はそれぞれのページをご参照下さい。

1.瓶の準備

【 手頃な瓶 】
自家製の瓶詰め

手頃なサイズの瓶を用意します。ホームセンターなどで、150円くらいから売っています。

【 パッキン有り(右)無し(左) 】
自家製の瓶詰め

フタにパッキンが付いているものを使いましょう。パッキン無しは完全密封できません。

Point !
  • 瓶は新品で買わなくとも、食べ終わった瓶詰めの瓶を再利用しても良いです。
  • 百均で売っている瓶などは、フタにパッキンが付いていない場合が多いので注意しましょう。

2.瓶を洗う

【 洗う 】
自家製の瓶詰め

食器用洗剤を使い、奇麗に洗います。

【 フタ 】
自家製の瓶詰め

フタは洗ったら、乾かしておきます。

Point !
  • 煮沸するとフタのパッキンが劣化するので、洗って乾かすだけにしています。

3.水から入れる

【 布巾 】
自家製の瓶詰め

瓶が入るサイズの鍋の底に布巾を敷き、瓶を入れます。

【 水から 】
自家製の瓶詰め

瓶がすっかりかぶるくらいに水を入れ、火にかけます。

Point !
  • 布巾は瓶の保護のために敷いています。不要という方は無しでもOKです。
  • 急激な温度変化による破損を避けるために、水から入れて徐々に温度を上げます。

4.煮沸消毒

【 煮沸消毒 】
自家製の瓶詰め

沸騰したら10~15分間、煮沸消毒します。

【 熱湯に注意! 】
自家製の瓶詰め

煮沸消毒したら、菜箸やトングで瓶を取り出します。

Point !
  • 瓶を取り出す際に、菜箸などを伝って熱湯が落ちてくる場合もあるので、ご注意下さい。

Sponsored Link


5.乾燥させる

【 拭き取る 】
自家製の瓶詰め

キッチンペーパーなどで、サッと水気を拭き取ります。

【 乾燥 】
自家製の瓶詰め

余熱でそのまま乾燥させます。

Point !
  • 瓶は大変に熱い状態なので、厚手のゴム手袋や鍋つかみを使用すると良いでしょう。

これで準備OK!

【 終了! 】
自家製の瓶詰め

これで自家製の瓶詰めの下準備は完了です。

【 備考 】
自家製の瓶詰め

フタも熱湯消毒する場合は、沸騰する前の80℃くらいの状態で4分ほど消毒。

Point !
  • 既に述べたように、フタのパッキンが劣化するので、沸騰したお湯には浸けない方が良いでしょう。

Sponsored Link


瓶詰め後の脱気

【 平常時 】
自家製の瓶詰め

こちらは平常時のフタの状態。

【 脱気後 】
自家製の瓶詰め

瓶詰め作業をして、瓶内の気圧を下げて脱気するとフタがヘコみます(微妙で分かりづらいですが)。

Point !
  • 殺菌に失敗した場合は、腐敗が進むとともにフタが膨らんできます。

自家製瓶詰めを楽しもう♪

自家製の瓶詰め

これで自家製の瓶詰め作りもバッチリ!色々な瓶詰めを作ると食生活も楽しくなってきますよ♪

各瓶詰めのレシピは下記のリンクからどうぞ。

各瓶詰めの作り方詳細

たけのこの瓶詰め

その他、山菜ミックス・柚子胡椒など・・・(COMING SOON)


Sponsored Link



Sponsored Link


Sponsored Link